読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移住して最初にすること

スイスにやってきて最初にすること…それは在留届の提出です。

そんな当たり前の事分かっとるわ!とチーズを投げられそうですが、私はスイスに来た当時すっかり忘れていたので一応書かせてもらいます。

在留届は日本国籍保有する人が、日本国に「私はここにいますよ〜」という旨を伝える役割があり、3ヶ月以上日本を離れる際や海外で在留を始める場合は原則届け出が必要だそうです。

テロが多発するご時世、「邦人の犠牲者は今の所確認されておらず…」というのは在留届があるからわかる事なんですね。

今はインターネットで届出ができるようなのでへっぽこの私でもなんとか提出できました。例によって時間が有り余っている人は参考までに見てみてくださいね。

外務省のページ: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

ちなみにスイスに移住する人(できる人)は、日本人の場合比較的限られています。というのも欧州外の人間には独自に移民を制限しておりビザを取得するのが難しいため、移住可能なのは駐在員か学生か現地スイス人と結婚するか…といった感じです。(もし他の例もあったらすみません)ビザ取得の為に法人を立ち上げた逞しい御仁もいらっしゃるようなので何事にも不可能は無い…とはいえハードルが高いのは確かだと思われます。

ともかくどんなきっかけがあって移住が決まっても、在留届はお忘れなきよう!

 

追記:海外での3ヶ月以上の滞在を経て日本に帰る場合は、上記の外務ORRネットより帰国届というものを出すそうです。

ブログタイトルについて

先のブログでスイスは州(カントン)によって性格が違うということをふんわり述べました。

では私のいる州はというと仏語圏のヴォー(Vaud)という、ジュネーブの横に位置するレマン湖に面した地域になります。ブログタイトルはここから来ているんですね。なんのひねりもありません。

 

ヴォーの有名な都市はというとやはりローザンヌでしょうか。ローザンヌ国際バレエコンクールや国際オリンピック協会などで有名です。その他世界最高レベルのホテルコンシェルジュの学校や世界ソフトボール連盟など…ありすぎるので割愛しますがとにかく色々あるのがスイスです。高速道路を走っていると、なんのことない地味な場所に欧州サッカー連盟の建物がポツンと建っていたりします。

私にとってローザンヌは若者がたくさんいる坂のキツイ街くらいの印象なんですけどね。

他にもモルジュやニヨンといった街があって、今後折に触れて登場するかと思います。

 

というわけでこのブログをお読みの方はあくまでスイスのヴォー州での出来事という前提でお読みください、というお話でした。

 

スイス連邦

移住する前はなんとなく遠いチーズの豊富な国…というあまりにも大雑把なイメージで、正式名称なんてつゆほども気にしなかったスイスですが、領事館等々に提出する書類を作る際に必要だったため移住してからようやくスイスの正式名称が【スイス連邦】だということを知りました。

 

スイスの歴史を紐解くと…長くなるので、時間が有り余って仕方がないかスイスが好き過ぎる人は以下のウィキペディアか本を参照して下さい。

Wikipedia :https://ja.m.wikipedia.org/wiki/スイス

スイスの歴史 U.イム.ホーフ著

 

連邦というとピンときませんが、イメージとしては全26の州がそれぞれ「自分たちの州のルールでやっていくからよろしく」といったスタンスです。13世紀に3つの州が「一つ一つの州では自分たちの自治圏を守るのが難しいから協力しよう」となったのが始まりですね。なので同じ国内でもルールが違ったりします。

 

行政も州によってはカラーがちがうらしく、日本のようにキッチリキチキチしている州もあれば、「何?ID忘れたの?まあいいわ次持ってきて」みたいな州もあります。

ただこの辺の性格の違いは言語圏に依るところも大きいかと思われます。周知のようにスイスには4つの公用語(スイスドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)があり、一般的にはドイツ語圏はキッチリ、フランス語圏はゆったりといった認識です(周りのスイス人から受けた説明なので感じ方には個人差があると思います)。イタリア、ロマンシュ語を話すスイス人にはまだ出会ったことが無いため分かりませんが…(ちなみにロマンシュ語を話すスイス人はレアすぎて旦那でさえTVでしか見たことが無いそうです)

 

ともかく思った以上に十人十色なスイス、まだまだ奥が深いです。

 

はじめに

ちょうど一年前のうららかな4月の春の日に結婚を機にスイスに移住しました。

右も左も分からなかった私は在スイス日本人の方々のブログに大変助けられました。そこで私のへっぽこな経験も誰かの役に立つかもしれないと考えたのがこのブログを開設しようと思ったきっかけです。

 

自分の経験しかお伝えすることが出来ないので、私の情報が役に立つ人はかなり限られていると思います。このブログは【スイスに結婚前提でやってきて、結婚し出産するまで】をお伝えするブログだと思って読んで頂けたらと思っております。また滞在もまだ1年と短いので間違いなどもあるとおもいます、それらは間違に気づき次第訂正していきますのでお気づきの際はコメント頂ければ幸いです。

 

 拙い文章で、細々とやっていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。